アルミ手摺 傷補修

本日マンション改修工事におけるアルミ手摺の傷補修にいってきました。
工事では養生をしていたものの傷がついてしまい直してほしいとの依頼でした。
引っかき傷ですが思ったより深く、下地調整剤を使用し、手摺の色は微妙な色でしたが、黒で仕上げました。
傷口はほぼわからないところまでもっていけました。
たまにしかやらないこういう仕事も日々の感覚を磨いていけばできるもんですねー。

関連記事

  • アルミ復元コーティング
    アルミ復元コーティング

    某企業様の玄関のコーティングと塗装をしてきました。 天井施工前 腐食が始まっています。 クリアコーティング施工後艶が出てきれいになりました。コーティングはアルミ機材を保護します。 施工前 かなり腐食が進んでおり所処白く素地...

  • フローリング傷補修
    フローリング傷補修

    先日フローリングの補修に行ってきました!傷はぼっこり穴。パテで埋めた後は木目をお絵かきして完了しました。自分で無理かなーと思っていて張替えも検討していましたが、うまくできました。やってみるもんですね~! 補修前   施工後

  • ステンレス手摺磨き!
    ステンレス手摺磨き!

    大掃除やりはじめてますか?集合住宅でも共有部で大掃除がおこなわれています。今回は鏡面ステンレスの磨きをしました。鏡面ステンレスとは鏡のように反射するステンレスのことです。つまりゴシゴシとナイロンたわしでこすると傷つきます。一度傷が付く...

  • アルミ水切り 復元コーティング
    アルミ水切り 復元コーティング

    公共機関の建物に我々の技術が採用されました! 弊社ではアルミ建材の復元に力をいれており、本来交換しなければいけないレベルのものでも、捨てずに現場でより新品に近づけれるような研究を日々しております。アルミは長く持つものとして建築では多く...